2017年7月8日

本館駐輪場入口の対策!
何の対策をしたかというと鳥の糞(~_~;)
夕方になると毎日のようにスズメがタムロしては
ウ〇チを落として下さいます。
おかげ様で駐輪場入口はウ〇チだらけなんですよ。
DSC_0845
少し前までは掃除を頑張ってた店主でしたが、
あまりもキリがない脱糞量…。
で、ダメもとで電柱を管理している会社に相談した所、
それ専用の対策グッズがあるとな❕しかも無料⁉
DSC_0919
どうやら糞害に悩む方が多いようで、
発注から2ヶ月…順番待ちを経ての着工でした。
何気に知られていない当情報、
鳥の糞でお悩みの方には朗報ではないでしょか?
工賃、材料費、全部無料❕
高車が1台来て、工事は1時間程度で終わります。
まずは、電柱を管理してる会社にお電話を。


今週は知り合いに不幸があり少し凹んだ店主。
残念だったのが、その情報を得たのがSNS。
故人を想う、個人の気持ちがSNSにupされてました。
今回の話しに限りますが…、
これって一体なんでしょうか?
個人的なお気持ちは自分の胸中で叫べば良い事で、
全世界に拡散する事なのでしょうか?
私からすれば廻り回ってでも別の方法で知りたかった。
そんな投稿は、故人がコメントを返す訳でもなければ、
「いいね!」が沢山入って喜んでくれる訳でもない。
結局、upした人に対する同情と便乗が重なり、
ほとぼり冷めれば訳の解らん内容になってるだけ(~o~)
まぁ、私自身がネットやSNSを利用してる事も、
今回のような話しになった理由の1つですが、
それぞれに悪気なんてなく、
それぞれが良かれと思っているだけに、
SNSの使い方って難しいすね…ほんと。。

しかしまぁ、「また今度ね~」。
この言葉って私も普通に使ってますけど、
私生活において、「また今度」で保留にしたままに
なってる事、私にはどれ程あるのだろうか?
「また今度」があるのが当たり前ではなく、
仕事でも遊びでも実行に移し、リアルな人生を
歩まなアカンな…と、改めて教えられた今週の店主。
やはり、バカはバカらしくバカやって行こう(・ω・)ノ
( ゚д゚)ウム   そうします。